サービスのご案内

窓辺をお洒落に飾るスタイルカーテン。毎日の暮らしをもっと楽しくおしゃれに

カーテンスタイルには様々な種類があり、それぞれを組合わせることで自由にコーディネイトすることができます。
最適なウインドウファッションを実現するために、代表的なスタイルの基本的特徴をご紹介いたします。

プリーツカーテン (ドレープ/レース)
プリーツカーテン (ドレープ/レース)最も一般的なカーテンスタイル。
均等に取ったヒダによる均一できれいなドレープが特徴です。ヒダ山のつまみ方・つまみ位置により様々な表情が楽しめます。基本的には3ツ山(2倍ヒダ)、2ツ山(1.5倍ヒダ)スタイルがあります。厚手の生地はドレープカーテン。薄手の生地はレースカーテン。
ドレープとレースの中間の生地ケースメントは、基本的にシングルで使います。
【特徴】 生地の種類が豊富でどのようなシーンにも対応します。ドレープ・レースを2重吊りすることで、省エネ(冷暖房)効果にも優れています。
【短所】 特にありません。
フラットカーテン
フラットカーテンヒダ山を取らないカーテン。
上部にヒダを取らないため全体的にすっきりとした印象です。
一般的に窓幅の1.1~1.3倍くらいの幅サイズで製作します。
このカテゴリーにハトメスタイルなども含まれます。
【特徴】 基本的にモダンまたはナチュラルなインテリアにマッチします。すっきりとした印象になるため、生地の素材感や柄が重要です。また生地の柄を強調したい場合などにも最適です。
【短所】 生地によっては簡素なイメージになりますなるので、生地の素材選びが重要です。柄が大きいものや、質感の高い生地が適しています。
プレーンシェード
プレーンシェードローマンシェードの中でも最も一般的なプレーンスタイル。
上下に生地を折りたたんで開閉します。
シンプルな構造が生地の素材感やデザインのよさが引き立て、上下にたたみ上げるためすっきりとした印象のスタイルです。
【特徴】 生地しだいでどのようなシーンにも対応します。一般的に腰窓・小窓に使われることが多いですが、掃出し窓でも大丈夫です。最近はドレープ生地とレース生地のダブルシェードスタイルも人気がありますが、窓側にドレープ生地のシェード、レースカーテンを部屋側にするなど、組み合わせ次第で、様々な演出が楽しめます。
【短所】 出入りが頻繁な掃出し窓では、カーテンの昇降操作を大変に感じるかもしれません。
シャープシェード
シャープシェードローマンシェードのシャープスタイル。
昇降操作はプレーンシェードと同じですが、生地裏に一定間隔でラインバーが入っており、たたみ上げる時の折り山がシャープで引き締まった印象になります。
バーの作る横ラインの美しさを楽しむスタイルです。
【特徴】 プレーンシェードよりもシャープな印象になりますので、基本的にモダンなインテリアにマッチします。
【短所】 出入りが頻繁な掃出し窓では、カーテンの昇降操作を大変に感じるかもしれません。
ブラインド
ブラインドアルミスラット(羽根)を水平に取り付け、上下に昇降させるコンパクトなスタイル。
カーテンのようにたまりができないので窓辺の印象をシンプルにします。
また、浴室・キッチンなどには耐水性に優れたタイプもあります。
【特徴】 スラットの角度を調整することで、室内に入る光の量を自由にコントロールできます。また、スラットの凹凸面の向きによって外からの視線をカットできるため機能性抜群です。リビングや洋室で使う場合、基本的にモダンなインテリアにマッチします。モダン建築の家にも多く使われ、アルミのすっきりとした印象が特徴です。
【短所】 お手入れが面倒な印象がありますが、モップや軍手をはめて拭けば手軽にお掃除できます。出入りが頻繁な掃出し窓では、カーテンの昇降操作を大変に感じるかもしれません。
ウッドブラインド
ウッドブラインド木製のブラインド。スラットカラーを選ぶことで、ナチュラル感/重厚感/高級感といった雰囲気を演出します。
スラット幅が25mm、35mm、50mmの3種類あり、ラダーテープでアクセントを付けることもできます。
窓枠やフローリングの色に合わせるのが一般的ですが、素材が木製なので、どの色を選んでも基本的にマッチします。
【特徴】 特徴はブラインドと同じですが、木製なので幅広いコーディネートが楽しめます。モダン・シック・エレガントを演出するならラダーテープ無し仕様で、ナチュラル感をだすならラダーテープ仕様にしてもよいでしょう。スラット幅は通常は35mm、大きめの窓なら50mmがお勧めです。
【短所】 通常のブラインドに比べて、上げた時のたまりが大きくなるので、基本的には腰窓に向いています。但し、スラットの角度調整で視線をカットできるので、頻繁に出入りしない窓ならば掃出し窓でも大変便利です。
デザインブラインド
デザインブラインド構造はブラインドと同じですが、通常より広幅のスラットと中間にラダーテープを付けることによりブラインドよりも存在感のあるスタイルです。
スラット・ラダーテープ・木製フレームのカラーを自由に組み合わせることができます。
木とアルミと布の異素材の組み合わせが、クールでありながらやさしい空間を演出します。
【特徴】 特徴はブラインドと同じですが、組み合わせしだいでモダン/ナチュラル/シック/ポップまで幅広く対応します。値段もブラインドよりはやや高めですが、木製ブラインドよりはお安くなります。
【短所】 通常のブラインドと同じです。
ロールスクリーン
ロールスクリーンスクリーンを内蔵したロールパイプで布を巻き上げるもので、スクリーンには樹脂加工したポリエステル、綿や麻などの生地が使われます。
洗濯が可能なウォッシャブル生地や湿気に強い浴室タイプ、寝室には遮光の生地もあります。
操作方法は真ん中のコードを引っ張るだけのプルコード式と、サイドのチェーンを操作するチェーン式があります。縦に長い窓などはチェーン式のほうが便利です
【特徴】 一般的に腰窓や小窓に使われます。リビングではあまりメインで使われることは少なく、メインのドレープカーテンの質感・色に合わせて同じ空間の小窓に使われることが多いです。ただ、カーテンと同じように種類は豊富にありますので、シンプルな空間や遊びごころのある空間などに使うと、個性的な演出ができます。和室や子供室、連窓などに人気です。
【短所】 基本的には開けるか閉めるかの使い方になりますので、ライフスタイルに合わせて選ぶ必要があります。厚手の生地とレース生地が一緒になっているダブルタイプもありますが、どちらかというとシングルタイプのほうがすっきりしています。
プリーツスクリーン
プリーツスクリーン布製スクリーンがプリーツ状に昇降するブラインドで、和室などに高い人気があります。
厚手の生地とレース生地を1台の製品の上下にセットしたペアタイプもあります。厚手の生地とレース生地の止め位置を調整することで、プライバシーを守りながら、調光・採光が自由にできます。
【特徴】 モダンな和風のイメージにマッチします。掃出し窓、腰窓どちらにも向いています。洋室に使う場合はロールスクリーン同様、どちらかというと小窓などのアクセント的に使うとおもしろいです。寝室に使っても機能的、個性的な空間がつくれます。
【短所】 出入りが頻繁な掃出し窓では、カーテンの昇降操作を大変に感じるかもしれません。生地を取り外して洗うことはできません。
バーチカルブラインド
バーチカルブラインド 縦に吊るしたルーバーの開閉や角度調節により光量を調節する縦型のブラインド。縦ラインがスタイリッシュで個性的な空間を演出します。
スラット幅は3種類、素材もポリエステルからアルミ/クリスタル/ガラス繊維、また遮光性のあるものからシースルー生地まで多様に選べます。
スラットが汚れたときなどはスラットのみの交換が可能。開閉方向も、両開き・片開き左右どちらにも対応できます。
【特徴】 スラットの角度を調整することで、室内に入る光の量を自由にコントロールできます。シャープな印象になりますので、基本的にはモダンなインテリアにマッチします。最近のモダンインテリア志向により人気も上がっています。横方向・縦方向に長い窓に適しています。腰窓にはあまり適しません。
【短所】 スラットをきれいに回転させる為に、裾の部分にチェーンが付きます(付けなくてもよい)。小さなお子様のいる家庭などではこのチェーンに引っかかってしまうなど、使いにくいという声もたまに聞きますのでご注意下さい。また、強い風が吹くとスラットが大きく揺れます。
サービス内容
  • 私たちのこだわり
  • カーテンスタイルのご紹介
  • ご注文から納品までの流れ
  • アフターサービス
  •    
キャンペーンのご案内